公益財団法人藪内燕庵について

公益財団法人藪内燕庵について

 ホーム > 公益財団法人藪内燕庵について

公益財団法人藪内燕庵について定款

 

公益財団法人藪内燕庵について

藪内燕庵は、流祖藪内剣仲の伝統を継ぐ燕庵藪内家に伝わる茶道の精神を普及すると共に遺跡、遺品、建築物等茶道文化を保存し、もって我が国の文化の発展に寄与することを目的として昭和52年に設立されました。

平成25年4月に公益財団法人に移行し、文化、学術の振興、国際相互理解の促進、並びに、地域社会の健全な発展に寄与するべく、活動しております。

定款

お稽古を始めたい方へ

お知らせ

2015.06.17

古儀茶道藪内流家元14代継承について

古儀茶道藪内宗家におきましては、本年6月7日をもちまして13代青々斎竹仲紹智が家元を退き、若宗匠允猶斎竹卿紹由が家元を継承致しました。

青々斎家元は本年数えで傘寿を迎えます。それを機会に家元の職責を若宗匠が引き継ぎ、14代藪内允猶斎竹卿紹智を名乗らせていただきますことをご報告いたします。